エチカ/日曜日のチポラ

by GUIRO

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥400 JPY  or more

     

1.
2.

about

Originally Released October26/2003
Remastered by TAKAKURA, Kazunaga

credits

released March 27, 2016

license

all rights reserved

tags

Track Name: エチカ Ethica
どこまでも行けるさ
この手綱を弄べばいい
歪む空に 孤独な鳥
形は滅ぶばかり

海に戸惑う少年を慰めるナイフは
旅人を待つ鮫に握られてる

北風に吹かれて
重い腰をあげた無頼より
早く飲まなければ
口移しでも冷めてしまう

あと少しだけ風船を孕ませる勇気を
錆びた目と引きかえに手にしたから

穢れ呼ぶ蜂蜜を
もいだ林檎に垂らさないでくれ
未来を無にする空気に触れたのさ ベイビー
祈りの傍で

問わず語るテレヴィジョン
昼と夜をつたう蝶に変わり
独り羽ばたくのを待つだけさ
光は降り注ぐ

今 目の端を通るシリウスの動きは
神を待たせるソファに爪を立てる

聖霊には訣別を
愛の名を借るばらのブーケを
微笑みが何を赦しても空ろさ ベイビー
虹は消えてく

どこまでも行けるさ
この手綱を弄べばいい
歪む空に 孤独な鳥
形は滅ぶばかり

あと少しだけ風船を孕ませる勇気を
貝殻と引きかえに手にしたから
Track Name: 日曜日のチポラ Tzipporah on sabbath
サンシャイン 冬の弱き光 影の無い時間に
群れ逸れて 誰を探すのだろう
青い背の小鳩よ

ふるえる手の中に あなたは息を吐き
まなざし遠く結び

はじめて胸焦がれたモオゼと
共に在らむと願う 透明なハートで

サンデイ 誰もいない場所に 鐘の音色あそび
小枝を編む指を映す日だまり
触れあえるかのように

ここは彼方 生まれるものに待たされた
わたぼうしの三人が

山並みを巡り 走馬灯へと

さそう星屑をただ路傍に浸すまで

 無名の港 見失い

 求めたるは
 もろびとの召さる船と

そのひとよ

纏え すべてのいとなみを
浮草のあとさきを
憂いの波間を歩き出せよ
くちびるにふれたその葡萄を想はずに

If you like GUIRO, you may also like: